死徒二十七祖と英霊召喚が両立しない件

……その世界に生きる者たちには預かり知らぬことではあるが、英霊召喚を可能とする世界において、死徒の頂点と言われる二十七祖は存在しない。

 路地裏ナイトメア 1巻 p196 死徒【しと】 の項より

 

 とかいう、クロスオーバー者を皆殺しにする新設定からしばしが経ったので、考察。

 

 死徒の頂点と言われる二十七祖は存在しないのが確定したが、「二十七祖があったら祖に該当する吸血鬼」が存在することは確認されている。

 まず、生前戦争中にネロ=カオスに乱入されて痛い目を見た中東勢が居て、朱い月と対決して吸血鬼化したゼルレッチが居て、それと知り合いの迷宮内の錠前コーバック=アルカトラスが居て、魔眼蒐集列車の前オーナーのリタ・ロズィーアンが居て、Hollowのパラレル士郎が参加するカジノを運営する魔城のヴァン=フェムが居る。

 つまり、朱い月を起源とする死徒も存在しており、朱い月ももちろん居るだろう。

 

  また、死徒二十七祖の第一位「プライミッツ・マーダー」を抑えるのに、"英霊"7騎が必要とされる……という設定が10年くらい前に雑誌で発表されていたが、これはつまりFGOで名前が判明した「決戦魔術・英霊召喚」の事を指すと思われる。

(グランドサーヴァント7騎が必要とか吹かしすぎじゃねーの感も感じるが、プライミッツ・マーダーが「地球のアルティミット・ワン」である場合、「鋼の大地」で語られた通り、単体で惑星を滅ぼせる規模の怪物なので妥当とも言える。)

 

 また、Hollowでアンリマユが自分より上の殺人者として挙げた「犬(プライミッツ・マーダー)」と「蜘蛛(ORT。水星のアルティミット・ワン)」も、もちろん存在する。

 

 という事で、結構死徒、あるいは祖に納まるはずの吸血種連中は、今までファンが想像した通り、Fate世界にも存在している。

 

 つまり、ここで言う「死徒の頂点と言われる二十七祖は存在しない」というのは、「各々の方法で不老不死を定義し、いずれ蘇る最初の死徒The dark sixに束ねられる二十七祖」という枠組み自体が存在しないという意味であろう。

 

 The dark sixが最初の死徒であり、不完全な存在であり、「システム」と言われる存在である。死徒二十七祖死徒二十七祖として存在しているのには目的があると、各種媒体で語られているが、これを筆者はThe dark sixだと考えている。

 

 死徒二十七祖という枠組みの発生要因となる「何か」と、「英霊召喚」は競合している。これは、大きく2つ可能性が考えられる。

 1つ目は、英霊召喚が可能となる世界では、グランド・サーヴァント等の手により、死徒二十七祖の設立目的である「何か」が達成できない事が確定してしまう、という可能性。ただし、上記で書いた通り、二十七祖の参加メンバーには朱い月やORTプライミッツ・マーダーと、単体で地球を滅ぼせる奴らが複数所属している。グランドサーヴァントと相対したとして、なぜ必ず不可能と言えるのか? という疑問は残る。朱い月が生きていた頃から二十七祖は存在しただけに、さらに疑問は深まる。

 

 2つ目は、これは荒唐無稽な感じはあるが、「目的が既に達成されているから二十七祖は不要」という考え方だ。

 死徒二十七祖という枠組みを作った結果として生まれるのが英霊召喚、あるいは英霊召喚を可能にする何らかのシステム、という事である。

 完全に妄想だけで話をするならば、The dark sixが体現するシステムというのが、英霊召喚をも可能にする基盤である…など。あるいは、The dark sixの復活を待つ…あるいは、The dark sixを誕生させずとも、そもそも「そういう仕組み」が世の中にあれば、わざわざ自らの手で作る必要もない。

 

筆者は2つ目がそれっぽいし、FGO後半のどんでん返しでも使えそうだしで、ありそうだなあと思っている。